RmtFnvf4


タワーダイブはタンクがするものだと思っていませんか?

タワーを長時間受け止められる硬いチャンピオンがダイブしやすいというのは事実ですが、実は一部のアサシン達も得意だったりします。

アサシンといえば…そう、カタリナですね!

今回はカタリナのタワーダイブについて書いてみました。 

カタリナのタワーダイブ性能



3:3、ローヘルスでのにらみ合い。 場合によってはこちらが全滅する危険なシーンです。
普通にダイブすれば100%相手に取られてしまうシーンですが、マスタリーの危険な賭けのキルによる5%回復とE(瞬歩)でのブリンク連鎖で短時間でキル⇒離脱に成功。
誰もデスすることなく3キル獲得出来ています。


相手が油断しているor逆にキルしに来ている場合は正面からでもいけますが、より確実に取りたい場合には”そこから来る?!”と思わせるような視界外からのダイブを行います。




今回はワードジャンプを逃げではなく攻めに使っています。 こちらがタワーダイブするのはもちろんですが、実はダイブされるのも比較的得意なカタリナ様。 対象指定CCさえなければ、ワードや自軍ミニオンへのジャンプでやり過ごし、タワーで削れた相手を逆にキルすることさえできてしまいます。





スキル取得ミスでLV6時点でRを取り忘れてしまっていますが、リヴェンのダイブにどうにか対応出来てしまったシーン。 リヴェンがR起動して襲ってきていたら恐らく取られていたでしょうが、一瞬のラグの間に相手の背後に回ることで、逆取り出来てしまいました。


どの場面でも大切なのは、どこまでスキルを吐けば落とせるのかをしっかりイメージすること。
特にE(瞬歩)を位置取りに使うのかダメージソースとして使うのか、Ultが必要かどうか、1キル取ってから次へ次へと行く際にQを投げる必要があるか…といったところ。

タワーダイブをしてキルするのは大前提で、そこからしっかり生還するのが良いカタリナです。